利息計算はカならずる事

便利なカードローンもご利用は計画的に

生活費の足しや冠婚葬祭の急な出費の際に便利なカードローン。最近ではネット申し込みを取り入れている金融機関も増えたためより便利になってきました。
しかしながら注意してほしい事があります。それはカードローンも借金の一つなので利息が付いてくると言うことです。
便利だからといってついついお金を借りていくと気付いたころには利息で借金が膨れ上がってしまったということも起こりかねません。そこまで行かなくても借金を返済するときに金利が予想以上に多くて、予想外の出費を強いられてしまったということもあります。
ただカードローンの利息の仕組みってなんだか難しいと思っている方も多いでしょうが実はとてもシンプルな計算で金利を割り出すことができます。

これで安心!利息計算の方法

カードローンの利率というのは1年間借りた場合の年率であることがほとんど。そのため短期で借金を返す際の利息は「借入金額×年率÷365×借入日数」の式で割り出すことが可能です。例えば年率15パーセントのカードローンで10万円を借り、30日後に返済する場合の利息はおよそ1230円となります。この計算式は非常に便利ですので覚えておきましょう。
ただし、多くのカードローンではリボルビング払いの方式を取っている場合もあり、この場合は毎月の借入残高に利息が付くので返済期間を考えて利息をシミュレーションしてください。また、金融機関などによっては合計利息を計算して教えてくれる場合もありますので問い合わせてみるのもお勧めです。

© Copyright Enhancements Card. All Rights Reserved.